━━ 知っておきたい言葉の知識 ━━


発行周期/配信頻度
週刊(毎週週末発行)
サンプル
下にサンプルマガジンがあります



メールマガジン登録     (マガジンID:0000131456


知っておきたい言葉の知識

メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ




■□■2004・0・0発行□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

          
         ━━ 知っておきたい言葉の知識 ━━
        
  

    << 辞書にはない、生きた言葉の知識が身につく!!>>

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


・・・日常生活でよく聞き、使われているような言葉を
     出来れば一般的な解釈についてお伝えしていきたいと思います・・・
  

  ============================================================


「人生にまつわる知っておきたい言葉」

「人間関係にかかわる知っておきたい言葉」

「ビジネス・商売で使われる知っておきたい言葉」

「喜怒哀楽を表す知っておきたい言葉」の中からたとえば・・・



・きっかけとは?  (切ったりひっかけるわけではない・・・)

・ウケに入るとは? (入るとどんな事が起きるのか・・・)

・村八分 ?    (7分や9分でない理由は・・・)



などなど、日常生活でよく出てくる言葉ではあるが、本当の意味を
知らずに使っていることも多いはず、ココでは気軽に読めてかつ
物知りぶりを発揮する事も出来るし、スピーチするときのよい題材
ともなるでしょう、おおいに活用されてください!!



<< 今週の言葉 >>

●「なしのつぶて」・・・

たとえば「田舎にいる友人」にいくら手紙を出しても「なしのつぶてだ」
と。このように何の音沙汰もない事や便りのないことを「なしのつぶて」
と言います。


「なしのつぶて」の語源には二つの説があるようです
今の若い人なら「恋の告白も電話と言う手っ取り早い手段を用いるでしょうが
昔は和歌を書いて送ったり、袖を振ったりするほか、つぶて(小石)を投げる
と言う変わった方法が用いられていました


このつぶてが相手側から全然飛んでこないときは相手は何の関心もないと
言うわけですから、ここから「無しのつぶて」と言う言葉が生まれ「何の
音沙汰もないこと」を言うようになったといわれています


「和歌山県の農村では、小さな石に松の葉を結びつけて好きな相手に
投げる風習が残っているそうですが「小石に松」は「恋しく待つ」と
言う意味になり、なかなかユーモアと言うかほのぼのとした求愛方法
だと思いませんか!!


又、別の説では原始時代の人類はつぶて(小石)を使って鳥や獣を
捕まえていましたが、これが源平時代の戦争の武器として用いられました
この”つぶて”がちっとも飛んでこないことをやはり「無しのつぶて」と
いって何の音沙汰もない事を意味したそうです。

その後この「無し」を「梨」にひっかけて「梨のつぶて」というように
なりましたが、これには特別な意味がなくやはり「無しのつぶて」が
自然のような気がいたします。(ここまで


最後までお読みいただきましてまことにありがとうございます。


**************************************************************
♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪


発行者 utiyama daisuke
sksof1@excite.co.jp
 ----------------------------------------------------------------------
 このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』 を利用して
 発行しています。http://www.mag2.com/ (マガジンID:0000131456 00000)

 登録解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000131456.htm

 ----------------------------------------------------------------------





SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO